便利なサービス

少年の診察

腎臓病を患う方は、世の中にたくさんいます。そんな腎臓病患者を看護する方にとって、腎臓病食を考えるのはとても大変なことです。そこでオススメなのが、宅配サービスとなります。

Read more

急な耳の異変

若い研修医

ある日、突然片方の耳が聞こえなくなることを、突発性難聴と言います。原因は未だ知られておらず、急な耳鳴りや耳のつまりには、すぐ病院受診をしましょう。ストレスを溜めすぎてしまうと、発症の可能性を高めてしまいます。

Read more

大切な睡眠

ナースステーション

よく眠れないや、寝てもスッキリしない日が続くと、睡眠障害の可能性が高いです。日本人の5人に1人と高い割合で、睡眠障害だと言われています。放っておいてしまうと、他の病気を併発する恐れもあります。

Read more

早期発見する方法

瓶から出る錠剤

人工透析を受ける人は、増加傾向にあります。大きく関わっているのが、糖尿病患者の増加です。糖尿病は症状に気づきにくく、気づかぬ内に重症化している恐れもあります。人工透析することで、早く異常を発見することに繋がります。

Read more

異変に気付く

注射器とアンプル

1800年代にフランス人の医師であるメニエールは、めまいと難聴には関連性がある事を最初に発見しました。それが由来で名付けられたメニエール病は、激しいめまいと吐き気、難聴や耳の詰まった感じ、耳鳴りが伴う病気です。発症しては数時間で治まり、それを繰り返すことで難聴や耳鳴りが治らなくなってしまいうことがあります。メニエール病は医学的に発症理由が不明の難病と言われ、30代から50代を中心に、特に女性に起こりやすい傾向があります。起きる一因に、内耳の中にあるリンパがむくむことで神経を圧迫し、めまいや吐き気に襲われます。平衡感覚を司る前庭、半規管の近くに、聴力を司る蝸牛があります。そのため、めまいと連動して耳の症状が出てきます。重度になると入院が必要になります。突然の異変を感じたら、早期に専門医に相談しましょう。

メニエール病の治療法は、緊急処置として抗めまい剤や吐き気止めを使用します。軽度の場合には改善が見られますが、めまいや吐き気が酷い場合には注射や点滴を行います。その後、循環改善薬や抗不安薬、副腎皮質ホルモン薬を投与することで、内耳のリンパ液の腫れを軽減させます。程度によっては内耳に直接注射をする場合もあります。また、特殊なマウスピースで下顎のズレを矯正することで、内耳の負担を減らす治療法や、鍼灸による自律神経のバランスを整える方法もあります。メニエール病は予期せず起こる症状のため、予防も日頃から心掛けておかなくてはなりません。仕事による過労やストレス、睡眠不足などが原因とも言われているので、生活に気分転換を取り入れ、頑張りすぎない事も時には必要です。